2019/10/7
FDJ 2019 最終戦終わりましたね。振り返る前に、あの最高の舞台で、トラブルによりリタイヤになってしまい、決勝戦の舞台に水を差す形になってしまい、すいませんでした。みなさんの前で走らすことが出来ずに、悔やんでも悔やみきれませんでしたが、この経験を活かしてもっとチームとして強くなりなさい!!と言われてる様な気もします。陽一にも涙ながらに言われました「まだチャンピオンを獲る器では無いと。確かにそうだと思う。
まだまだチーム力が足りないと痛感した場面でもありました。ほんとアンディには対戦出来なくて申し訳なく思いますし、トラブルの場面では、他のチーム含めてみんながどうにか修復出来ないか?と色々と動いてくれた事にも感謝します。最終的にリタイヤになりましたが、ライバルチームの涙や他のドライバーの涙、そして運営スタッフやMCのとむさんや谷口君や陽一までもが涙を流して健闘をたたえてくれた事が今でも励みにもなり、良き仲間に支えてもらってると感じた最終戦になりました。最後に松岡さんが来た時はボロ泣きしてしまいましたね私。。。正直涙が止まらなかった。そしてドライバーのこうちゃんには、時間内に直しきれずリタイヤになってしまった事を申し訳なく思います。今年のこうちゃんはエビスラウンド以外の4戦、全て表彰台に上がっているという安定感で、シリーズランキング2位と言う、チームとしては最高の好成績で2019FDJは幕を閉じました。観客のみなさん、チームWeld応援してくれたみなさん、ライブで応援してくれたみなさん一年間応援していただいたスポンサーのみなさん、ありがとうございました。あとは、最後まで諦めずにマシーンに向き合ってがんばったチームクルーにも感謝します。来年の体制はまだハッキリとしていませんが、ドライバーは変わらずこうちゃんと組んで参戦しますので引き続きみなさんの熱い応援宜しくお願います。トラブルの原因は、フューエルパイプから燃料漏れが発覚し、フィッティングを締め直すも止まらず、最終的にはパイプにクラックが入っている事が分かり、まさかのパーツなのでスペアは無く、ワンオフで作るにはSSTが必要だがそんな工具は会社にあるが持ってきてない、代用でなんとかと言う時に、アンディのチームからSSTを借りてパイプをワンオフして終わった頃にはタイムオーバーでしたが、結果発表の時には全修理が終わったので、対戦はできませんでしたが、こうちゃんがドライブしてみなさんのいるメインスタンド前まで車輌を持っていくことが出来たのは、アンディのチームクルーのおかげです。初参戦の頃から、プロ意識を持ちエンターテイメントも忘れずプロフェッショナルに拘りまたスポーツマンシップであることも忘れず来年もTeam Weld流でガンガンいきます!!2019シーズン通して応援していただきありがとうございました。そして最後に決勝日の日は嬉しくも私とチーフメカニックの誕生日でして、シリーズランキング2位とケーキボムのダブルで最高のプレゼントをいただきました!!
去年もくらいましたが、なかなか良いモノですね^_^38さんケーキありがとうございました🎂

 
ホーム 会社概要 事業概要 |お問い合わせフォーム| 地図・アクセス 通信販売表記| 
Copyright 2015 Weld Technique Factory Co. All Right Reserved.